第37回ネプコンジャパン

ハイソルは、第37回ネプコンジャパンに出展致します。

ご来場の際には是非、弊社ブースまでお立ち寄りください。

出展製品

開催日時:
2023年1月25(水)-1月27(金)
会場:
東京ビッグサイト 22-48
イベント会場Webサイト:
https://www.electrotest.jp/ja-jp.html

会場へのアクセス:

Googleマップで見る

第39回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム

ハイソルは、第39回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウムに出展致します。

ご来場の際には是非、弊社ブースまでお立ち寄りください。

出展製品

開催日時:
2022年11月14(月)-11月16日(水)
会場:
アスティとくしま(徳島県立産業観光交流センター)
イベント会場Webサイト:
https://sensorsymposium.org/exhibition/

会場へのアクセス:

Googleマップで見る

ナノテスティングシンポジウム

ハイソルは、ナノテスティングシンポジウムに出展致します。

ご来場の際には是非、弊社ブースまでお立ち寄りください。

出展製品

開催日時:
2022年11月09日(水)-11月10日(木)
会場:
千里ライフサイエンスセンター(大阪府豊中市)
イベント会場Webサイト:
http://www-nanots.ist.osaka-u.ac.jp/

会場へのアクセス:

Googleマップで見る

SDGsの取り組み

弊社はりそな総合研究所監修のもとSDGsを策定しました。
SDGsの目標達成と持続可能な社会の実現に向け、
事業を通じて社会の課題解決に取り組んで参ります。

小型高周波誘導加熱装置

業界トップクラスのコンパクト設計の高周波誘導加熱装置です。
高性能機能を搭載し、効率的な加熱環境を提供いたします。

特長

小型・軽量

コンパクト設計により、設置場所をとらずに加熱処理が行えます。

省エネルギー

独自のインバータ回路により、電源力率95%以上の高効率加熱です。
冷却水の自動給水機能により、消費量さらに低減できます。

拡張性

汎用の入出力を装備、通信による周辺装置との連携により幅広い用途に対応できます。

多彩な制御  

手動, プログラム(温度/ 出力), 外部制御と多彩な加熱制御モードを搭載しています。

視認・操作性

大型カラータッチパネル採用により、視認性が高く操作を容易に行えます。

 

加熱能力

高融点材料のカーボングラファイト・W・Mo・Ta等をるつぼに用いることで
超高温加熱(2000℃以上)が可能です。

超高温加熱例

カーボングラファイト製のるつぼとカーボンファイバー製の遮蔽材で構成した加熱



 

誘導加熱とは

急速加熱・急速冷却

  • 加熱したいものだけを加熱、熱マスが小さく、急速加熱が可能。
  • 最小限の加熱のため、短時間で冷却ができ、被加熱物回収までの時間を短縮できます。

超高温加熱

  • 小型ながらもハイパワーなので、時間をかけずに2000℃を超える超高温加熱を実現します。

高効率・省エネ

  • 高効率化と小型・軽量化により、消費電力低減と省スペースに貢献します。

クリーン加熱

  • 燃焼方式と違い騒音や燃焼による生成物が発生しません。
  • 非接触での加熱方式のため、被加熱物を汚染することがありません。

雰囲気加熱

  • 電磁波の透過により加熱するので、加熱雰囲気を低コストで実現できます。
  • 酸化・不活性・還元雰囲気でもヒーターのような劣化がありません。

 

電磁誘導加熱の原理

電磁誘導作用を利用し、加熱コイルに高周波電流を流すことで磁束を発生させます。
発生させた磁束は、加熱コイル内の被加熱物を通過します。
この磁束の変化を受けて被加熱物内に高密度の(うず電流)が流れます。
流れた電流と固有抵抗に応じ、ジュール熱が発生し被加熱物だけが加熱されます。

電磁誘導作用

加熱の原理

オプション

MU-αと組み合わせてご使用いただける各種周辺機器を、下記の放射温度計
やるつぼ類以外にも異形加熱コイル、自動昇降式真空ガス置換ユニット等多数
ご用意しております。
ご用途に併せてご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせくだ
さい。

ファイバ式 放射温度計 るつぼ類

仕様

装置仕様

項目 MU-αⅢ MU-αⅣ
電源電圧 単相AC200V±10%,50/60Hz±5%
高周波出力 最大(常用)4kW(2kW) 最大(常用)6kW(6kW)
発振周波数 350~450Hz(加熱コイルの仕様による)
共振方式 LC直列共振
スイッチング方式 パワーMOSFETフルブリッジ型インバータ
冷却方式 水冷式(加熱コイル,共振コンデンサ,高周波トランス,スイッチング素子)・空冷ファン
使用冷却水量 約1.0L/min
(水圧0.25MPaの場合)
約3.5L/min
(水圧0.25MPaの場合)
制御方式 手動制御 定出力制御:ボリュームによる出力機構(0~100%,0.1%刻み)
定温制御:ボリュームによる温度調整(室温~最大値,1℃刻み)※1
自動制御 プログラム出力・温度制御(プログラム数:10,ステップ数15/1プログラム)
リモート制御 外部信号による制御(4~20mA)
温度入力※2 熱電対(K,J,E,W,N,R,S,B,T)
放射温度計(220~2000℃,300~2000℃,600~2000℃,600~3000℃)
安全装置 漏電ブレーカ,速断ヒューズ,漏水検知,冷却水自動ON/OFF,共振モニタリング,センサー異常(断線検出),温度上下限異常検出,過電流検知,非常停止など
外形寸法・重量 制御部 W400×D300×H300mm
15kg
W400×D300×H300mm
15kg
加熱部 W300×D300×H280mm
12kg
W400×D500×H320mm
31kg
ユーティリティー 供給電源条件
 単相AC200V±10%,50/60Hz,25A以上(αⅣは35A以上)
冷却水能力
 供給圧力:0.25~0.5MPa(差圧0.25以上)
 供給水温:20~25℃
 供給水質:上水道(水道水)と同等以上

*1 定温制御の最大値は、使用する温度センサーの測定範囲により異なります。
*2 熱電対・放射温度計は製品に付属しておりません。

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

  • 個人情報に関する法令・規範を遵守します。
  • 当社はお客様の個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等の防止に努めます。
  • 個人情報は法令に基づき開示される以外は、個人情報をお客様に明示した利用目的の範囲内で取扱い、第三者に譲渡、提供はしません。
  • 当社は個人情報保護に対する取組みを継続的に見直し、適宜改善します。

第83回 応用物理学会秋季学術講演会

ハイソルは、第83回 応用物理学会秋季学術講演会に出展致します。

ご来場の際には是非、弊社ブースまでお立ち寄りください。

出展製品

開催日時:
2022年09月20日(火)-09月23日(金・祝)
会場:
東北大学 川内北キャンパス+オンライン
イベント会場Webサイト:
https://meeting.jsap.or.jp/exhibition

会場へのアクセス:

Googleマップで見る

弊社の真空マニュアルプローバーをご紹介いただきました。

東京大学生産技術研究所 野村研究室様にご採用をいただいた1200K(約927℃)
まで昇温可能な真空マニュアルプローバーを、今年5月に行われた「2022 MRS Spring Meeting」でのプレゼンテーション内でご紹介をいただきました。

下記リンク先のURLより、資料をご覧いただくことができます。
https://www.hisol.jp/wpjp2020/wp-content/uploads/2022/06/materials-from-LJ-from-MRS-2022.pdf

弊社では、10K以下の極低温から1200Kの超高温まで幅広い温度制御に対応した真空マニュアルプローバーを製作しております。

国内で設計・生産をしておりますので、カスタムのご要望にも柔軟に対応いたします。

ご検討されている装置がございましたら、お気軽にお問い合わせをいただけ
ればと存じます。

※こちらの資料は東京大学生産技術研究所 LIMMS, 野村研究室 L. Jalabert博士のご厚意により掲載をさせていただいております。

MEF2022(MEMSエンジニアフォーラム)

ハイソルは、MEF2022(MEMSエンジニアフォーラム)に出展致します。

ご来場の際には是非、弊社ブースまでお立ち寄りください。

出展製品

開催日時:
2022年04月20日(水)-04月21日(木)
会場:
KFCホール(両国)
イベント会場Webサイト:
https://www.m-e-f.info/

会場へのアクセス:

Googleマップで見る