ファイン&グロスリークテスター

ファイン&グロスリークテスター NorCom2020/410

NorCom
invisible

NorCom社(米国)は、主に気密封止されたハーメチックパッケージなどのリークを検出する、リークテスターのメーカーです。NorCom社の特徴は、独自の特許技術で「光学的」にリークを検出出来ることです。

フロリナートといった高額な消耗品が不要であり、グロスリークからファインリークまで一度に測定することが出来ます。ファインリーク試験では必須であったヘリウムのポンピングも不要になりますので、測定が簡潔化され、スピーディーに測定を行うことが可能になります。

製品ラインナップ

norcom-1

OLT(Optical Leak Testing)とは?

NorCom社が開発したOLT(Optical Leak Testing)は、MIL-STDにも認可されている、グロスリークからファインリークまですべてカバーする唯一の測定方式です(NorCom社の特許技術) 。
これまでは、グロスリーク試験とファインリーク試験を異なる装置で別々に測定を行っておりましたが、OLTでは1度の測定でグロスリークとファインリークのレンジをカバーすることが可能です。
最近では環境規制の関係で購入が難しくなっている高額なフロリナートも不要になりますので、環境にも優しい試験方法です。

 

olt

測定原理

測定の原理としては、先ずパッケージに対して「圧」を与えます。この際、NorCom2020シリーズではヘリウム、またはN2を使用し、
NorCom410ではエアーを使用します。その圧によって変形したパッケージの蓋の「変動」を高精度な干渉計で測定し、
「Pass」「Fail」を判定することが出来ます。グロスリークがある場合には、圧を掛けた際、蓋は変動しません。
ファインリークがある場合には、圧を掛けると徐々にリッドは圧力変化に応じて変動しますが、リークしている為、
あるところでパッケージ内部に溜まったエアーが蓋を押し上げます。正常なパッケージは、蓋が圧によって凹んだまま戻ることはありません。

 

測定原理

 

NorCom2020では、下のイメージのように、干渉縞で蓋の変動をモニターしております。

 

測定原理-1

測定対象パッケージ

測定対象パッケージ
invisible

PCボード上にマウントされたパッケージのファインリークテストも可能です。
従来の方法ですと、ヘリウムをポンピングする為、対象のパッケージ以外がヘリウムを吸収してしまい、ヘリウム検出の際、「Fail」となることがありました。
OLT方式では、ヘリウムを検知していない為、このような問題が起こりません。

invisible

OLTでは、MEMSのようにキャビティーのあるウエハーでの測定が可能であり、1サイクルあたり1,000デバイスまで測定することが出来ます。
ダイシングリングが付いた状態でも問題ございません。

お問い合わせ

お問い合わせは下のフォームをご利用になれます。
必須項目は必ずお書きください。

会社名 (※必須)

部署名 (※必須)

お名前 (※必須)

郵便番号

住所 (※必須)

TEL (※必須)

FAX

E-MAIL(※必須)

お問い合わせ内容


 この内容でよろしかったら、左の□の枠をクリックして送信ボタンを押してください。


SSLとは?

ハイソル株式会社では、企業の実在性の証明と個人情報の保護のため、シマンテック・ウェブサイトセキュリティのSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。左記のスマートシールをクリックすると、サーバ証明書の検証結果をご確認できます。

インターネット上で個人情報を入力する必要のあるユーザー登録やお問い合わせなど、サーバーとブラウザの間を暗号化して、第三者によるデータの改ざんや盗用を防いでいます。

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

  • 個人情報に関する法令・規範を遵守します。
  • 当社はお客様の個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等の防止に努めます。
  • 個人情報は法令に基づき開示される以外は、個人情報をお客様に明示した利用目的の範囲内で取扱い、第三者に譲渡、提供はしません。
  • 当社は個人情報保護に対する取組みを継続的に見直し、適宜改善します。